FC2ブログ

仕上げ・打ち上げ

「センター数学」はユキ・タイチ・コウヘイの3人に、イツロウとトモヒサが加わった。
冬休みの冬期講習に参加すれば5日間だけでなく、12月から参加する。
まずは「数Ⅰ・A]
マークシートを渡し、きっちり60分の時間を計る。「敵」は、この時間だ。
60分で大問4問を読み、図を描き、考察し、計算し、マークする。
昔はまだ易しかったが、近年のセンターテストではこれだけの作業をこなし
9割を超えてゆくのは至難の業だ。
数Ⅰ・Aと数Ⅱ・Bのどちらが難しいかは、一概に言えない。
Ⅰ・Aでは「確率」がいやらしい。計算ミスしても答えが出てしまい、検算が難しい。
「二次関数」なんかも場合分けをひねられると大変だ。
今回やらせたⅠ・Aはどの問題も最後に「ひっかけ」があった。引っかからなければいいが・・・
半年前のこの5人なら、1時間半の時間を与えても完答は出来ず、60点ほどだった。
・・・60分ピッタリで終了。
マークシートを集め、すぐにⅡ・Bの問題とマークシートを配る。
「始め!」の声をかけ、私は職員室で採点。
意外に・・・・意外に皆よく解いている。
ユキは80点台。ユキって「文系」ですよ。
センターテストの平均点は60点になるように作られるが、
大雑把に言って理系が80点、文系40点で、合わせて平均60点と思っていい。
ユキは大健闘なのだが・・・私は文系・理系などと言う区別はしない。
最後の「引っかけ」にことごとく引っ掛かり、一つ4点、4つで16点引かれている。
コウヘイもトモヒサも同じようなもので、タイチはいくつか引っかけを見破ったが、
他でミスがあり80点台。イツロウだけが90点だった。しかし皆かなり力を付けている。
数Ⅱ・B終了。すぐにその場で採点する。ベクトルがいやらしいが、引っかけはない。
採点が速い。5人ともほとんど間違わないから。3問目までほぼ完答。
4問目のベクトルで明暗が分かれる。
コウヘイとユキがミスり80点台。イツロウはまたしても90点。
タイチとトモヒサが・・・100点!ノーミス。
「へえ~、タイチ君って良く出来るね。昔から数学の天才だったんでしょ」
違うからね!全然違うからね!!
人の3倍手が遅くて、いつも時間切れになっていた。センターには「最も向かないタイプ」だった。
コツコツと知識を積み上げてきた。
努力とか頑張るではなく、それしかないから、そうせざるを得ないから、そうしてきただけだけど。
「点取り対策1回目」としては上々である。問題の「ポイント」を確認する。
皆技術的にはいつでも100点が取れる。それには・・・気合いだあ~~!
いや、バカみたいだけど、本当に気合なんですよ。「その気」にならないと100点は取れない。
あと一ヶ月で全員「その気」にさせる。少しでも数学で点を稼がせないと苦しいから。

その「仕上げ」は24日から28日まで。
28日の夜6時からは「打ち上げ」だ。そう・・・「忘年会」です。
今年もやりますよ、「豆腐対決」「ワイン対決」。誰でも参加は自由。無料。
最近卒業生が来ないが「声をかけてほしい」って?
卒業生の少なかった昔なら声もかけられたけど、200人を超えた今では声もかけられない。
「いつでも来てくれ」と言う私の、声なき声を聞き届けてくれ。
卒業生は「手ぶら」できて、ただ「飲み食い」すればいいが、
大人の人は何か「一品」を持ち寄ってください。皆で飲み食いしましょう。
今年も、もうわずかだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR