FC2ブログ

私の仕事

私は生徒を「早く大人に育て上げよう」と思って数学を利用している。
生徒が大人になるとは、私がやっている仕事を生徒自身が出来るようになるということだ。
数学の構造を探りに行く。その中身はいったい、どうなっているんだ?
それを知るためには毎日、どれほどの練習をしなくてはならないのか?
どの時期までに、どれほどのことが出来るようになっていなくてはならないのか?
日常生活の中で、どのようにバランスを取るのか・・・・
早くそういうことが自分で出来るようになってもらいたい。
もちろん中学生には基本的に無理だ。そういうことを考えられる、思考の基礎を作っていく。
うまく育てば中3の今の時期、夏ごろから受験を利用し、それを考え始めるようになる。
高1・高2で思考錯誤を繰り返し、高3ではしっかり自分で出来るようになることが目標だ。
だから中2までは学校で好きなことをやり、週に一度塾へでも行って言われたことをこなす・・・
それはまだ「仕方ない」と思うが、高校生でもそのままだと「むかついて」しまう。
塾など、本当には必要のないものに、安くもない金を、親がどういう想いで出しているのか。
高校生ならそれを考えないといけないし、もし親が「そんなこと考えなくて、好きにやれ」
というなら、その親が甘いと思う。子供だっていつまでも「幼児」ではないんだ。
そういうことを考えてもらおうと毎年「読書会」もやっているが、うまくいっているのかどうか?
「上手に子供を育てているな」と思われる親ばかりがやってきて、
「この子は家でもしっかり育ててもらわないと」と思う人ほどやってこない。
ま、どの世界でも、そういうものなんだろうけれど。
今日はこの後女房と銀行へ行って、何やら手続きし、病院で定期健診。
ゴーヤを毎日食べてるから、少しは数値もいいかな?
安心してから、来週の夏休みには、中学生の「京都府大会」を見に行こう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR