FC2ブログ

問われるもの

中学までは出来たのに、高校になって「数学がわからなくなった」という人は多い。
・・・違う・・・そういう人は中学ですでに潰されている。それがわからなかっただけだ。
英語で考えるとわかりやすいですよ。中学の英語って文法なんかいらなく思えるじゃない。
単語さえ暗記すれば、単語をつなぎ合わせるだけで、1行くらいは意味がわかる。
「単語さえ覚えれば英語はわかる」と思い込む中学生は多いだろう。
それでいて高校入試の「長文」なんか読めもしないんだけどね。なんとなくそう思ってしまう。
しかし高校から大学入試にかけては単語はただの道具となり、文章の意味そのものが問われだす。
そうなるともう単語では歯が立たず、幅広い文献を読むなどの「一般教養」がないと答えられない。
それは数学でも同じなんだけど、それが生徒にはなかなかわからない。
大学入試の数学で問われることは、圧倒的に「一般教養」の部分が多い。
「分数の分母は0になれない」とか「どう変形すれば、その式が扱いやすくなるか」とか。
その基本になっているのは意外と「中学数学」の部分が多いんだよね。
そこで躓いているから、高校の数学がわからなくなる。
逆に「そこ」がわかっていると、高校の数学なんて全然難しくない。
ところが「そこ」って、高校からは直しづらいんだよね。なかなかうまくいかない。
高1の終わり頃からやって来たタイスケでも、数学は校内で10位以内にいるけど、
「そこ」はなかなか直らず、今、ものすごく苦労している。
ものすごく大量の「判例」を示して、練習させ、それでも入試に間に合うかはギリギリだ。
「そこ」は一定ラインを超えないと、入試で数学は「使えなく」なってしまう。
私にはそれがわかるから、ものすごく焦りますよ。
だからこそ「そんなんじゃ全然ダメだ!やめちまえ!!」と、つい怒鳴っちまう。
生徒の「単語を覚えさえすれば」などという考えに融合したらひどいことになりますよ。
一定ラインを越えつつあるのはユウカ・真子・ミオの3人くらい。
後の子はまだまだバシバシぶん殴って鍛えなくてはならない。
こんな厳しいこと、私はいつまで続けられるのだろう?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR