FC2ブログ

精神の貧困

相変わらず教師のうつ病は増えているらしい。30代の小学校教師の1日を追っていた。
朝6時に家を出て7時前に学校に入る。8時半までに事務仕事と授業準備。
4時に授業を終えると7時まで会議や事務仕事。8時に家に帰るとテストの採点。
その間に休んだり、学校でけがをした生徒の親と電話で話す。
連絡や学校行事のプリントを作っていると、もう夜の10時を回っている。
帰りにコンビニで買った弁当を10分で食べ、もう少し仕事・・・
そんなに仕事に追われても、文句を言う親はいくらでもいる。
学校にまでやって来て授業を監視し、些細なことまで難癖をつける。
「やめちまえ!」「学校に居れなくしてやる!」と恫喝されることも・・・
どの教師仲間も同じ状況だから悩みを相談する暇もなく、
教師を守るべき立場の校長は定年間近だから、見て見ぬふり・・・・・・
これじゃあ・・うつ病にもなるわね?よく、なり手がなくならないものだ。やってらんないよ。
そりゃあ若くて未熟な教師もいるけれど、生徒も教師も育てるものですよ。
中には向いていないダメ教師もいるけど、昔に比べればほとんどいないと言っていい。
それよりも圧倒的に多いのは「ダメ親」の方だと思う。
日本の「貧困率」の上がっているらしいけど、なんで?仕事がない?そんなことないですよ。
工事現場には人が来てくれず、間もなく機械も動かせなくなりそうだし、
牛丼屋・うどん屋は時給をいくら上げてもバイトも来ない。
働く気さえあれば今の日本では「貧乏」ではあっても「貧困」などあり得ないと思う。
私も生まれてからつい最近まで貧乏だったけど、貧困じゃあなかった。
工事現場でも塾でも懸命に働いたから、精神の貧困には陥らなかったからだろう。
貧困は仕事のなさが原因ではなく、精神のあり方がもたらす場合が多い。
小さな楽しみを見つけられず、不満ばかりを言い、教師をそのはけ口にしているとしか思えない。
教師は抵抗できないからね。抵抗しないものに対し、人間はひどく残忍になることがある。
こんな時代だからこそ教師を、野球やサッカーの審判と同じ力を持たせないとダメだ。
あやしい親がやって来て難癖をつけたら、すぐレッドカードを出し「退場!」と言える権限を持たせる。
行き過ぎるとまた問題もあるけど、何か悪い?教師も審判も同じような仕事ですよ。
今のまま教師を「最弱層」にしておくと、近い将来日本は、間違いなくもっと悪くなると思う。
何とかならないかねえ・・・・・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR