FC2ブログ

小学生の感覚

昔から小学生に「スピード問題」を納得させるのは難しい。抽象概念が多過ぎるからだろう。
時間・距離・速さと三つもあるし、長さや時間の単位もいっぱいある。
小6のクラスはもう一ヶ月以上かけて一つ一つ確認させて、ずいぶん理解出来るようになった。
一つ一つ・・・はね。
「分速60mで30分歩く距離は」というと、あっという間に1800mと答えられる。
「1800mの距離を分速400mで行く時間は?」というと、これもすぐ4分30秒と計算できる。
けれどこれを一緒にして「分速60mで30分歩く距離を、分速400mのバイクで行く時間は」
とやると突然わけがわからなくなる。問題を分けてやると出来るのに。
そういうものなんですよ、小学生の感覚って。男の子と女の子の違いもありますね。
アサトはすぐに計算したし、リュウジはコツコツながらも正解にたどりつく。
マホ・カリン・サキの3人は「30÷60」みたいな計算をして、訳がわからなくなってる。
こう言うのを家でやるとどの母ちゃん達も「キイー!」ってなるし、
マホの姉ユウカも「あの子、アホやし」なんて言う。
怒ってはいけません、アホでもありません。小学生ってそういうものです。
大人だからドライブしても「山道を100キロか・・・ま、2時間もあれば」なんてやるけれど、
それは何度も経験を積んでるからで、小学生はそんなこと考えたこともない。
単にキャリア不足による未熟さなんです。それは中学生も高校生も同じです。
それを手を変え品を変え、角度を変え、何とかしてるのが私の仕事。忍耐がいるんですよ。
とはいえ、ずいぶん理解は進んだから、来週の月曜は祭日でもあるし小6は休みにした。
なにしろ来週のカリンは全国大会が神戸である。組み合わせが発表された。
強豪ばかりだから予選敗退の可能性もあるが、うまく頑張ればかなり勝ち進むかもしれない。
決勝トーナメント1回戦で予想される和歌山県チャンピオンには先だって勝っているし、
2回戦の兵庫県の強豪にもセットオールの大激戦をしている。
相手は皆全国大会の「常連」でカリンは「初めて」だけど、こっちの肩書も「京都チャンピオン」だ。
もうワクワクして授業どころじゃないね。
来週はお休みで、さ来週が前期最終授業。8月の小6は授業はない。夏休みだ。
たっぷり遊んで9月から、また勉強もすることにしよう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR