FC2ブログ

語力に支えられる

昨日は真子が定期健診。毎月毎月ご苦労なことだ。幸いすべて正常。
それでも近いうちに上体と下腹部2回のMRI検査があるらしい。
相当にうざいが、それほどの大病だったから、ま、仕方ない。そんな中、6月に受けたマーク模試が返ってきた。
この半年は英・国以外はボロボロだったのに、あれ?点数が整い始めている。
理科と社会はまだ偏差値50台だが、数学は60台後半になり、英語は70台。
病気前はAだった京大判定はEにまで落ちているが、BやCまで、もう差がなくなりつつある。
とんでもないね、こりゃあ・・・
5月から9月まで入院していて、髪の毛もすっかり抜け落ちてしまった。
出席日数が「やばい」ので、ウイッグをかぶり、まだ吐き気の残る体を引きずって通学。
授業内容なんてさっぱりわけがわからなくなっているし、まだしんどいから耳にも入ってこない。
仕方なかったけれど、よく耐えていたなと思う。
だって、辛いですよ。吐き気に耐えながらわけのわからなくなっている授業に出るのは。
何をどう立て直せばいいのかもさっぱりわからない。私にもわからなかった。
なぜだか英語と国語の点数が下がらなかったので、辛うじて支えられた感じだ。
それがなければ勉強はあきらめていたかもしれない。
わけがわからなくても毎日学校で授業を聞けるのは、やはり大きい。
毎日1ミリずつ、自分でも気がつかないほどの量だが、徐々に整理されてくる。
そんな「学校のありがたさ」など、今の世の中はすっかり忘れているんだろうな。
気がつけば今回の模試データで、いつの間にか「方針」を立てられるまでに回復した。
ここまでくればこれからの回復速度は加速するはずだから、あと半年・・・・
あるいはギリギリ受験に間に合うかもしれない。普通はあり得ないけれど・・・
逆に、他の連中にハッパをかけた。
200点満点の英語でユウカやタイスケなんか真子に100点も離されている。
「“真子ちゃんは賢いから”なんて言ってんじゃね~ぞ、こらあ!
 奴は1年も英語の勉強なんか出来なかったんだからな。100点も離されるのは情けね~ぞ。
 語学を真剣に捉え直さね~とな。ほらあ~、国語のプリントじゃあ~~!」
中学生にも高校生にも国語のプリントをどっさりと出した。
この半年くらい、数学より国語の量の方が多いくらいにしてくれようか・・・・・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR