FC2ブログ

軽やかな口笛

理科系の大学生は、今も昔もかなり忙しい。研究とレポートに追われるからね。
康太の1・2回生の頃は基礎の勉強が多く、レポートもあったが理論ばかりだった。
いつレポートを書いていたのかな?あまり忙しそうには見えなかったけれど。
週2回のテニスサークルで女子大生や大学の仲間と遊び、やはり週2回のアルバイト。
そっちの方が忙しそうだったけれど、単位は9割以上が「優」。
私なんて大学4年間で優なんて10個もあったかどうか・・・
2年間で30個もの優を取るなんて、どうやったらそんなことが出来るんだろう?
3回生になると実験研究が出てくるからレポートの枚数が増える。
いくつかのグループに分かれて、康太はパワーショベルの組み立てをしている。
しかしその内容は・・・私ら私立大でやっていたこととずいぶん違う。
私らは、言うと、組み立て方を覚えて「ハイ終わり」だったけれど・・・
康太達は組み立てながら「その可動範囲は広がらないのか?」「耐久性の問題点は?」
「どうやって生産ラインに乗せるのか?そのための施設はどのようになるのか?」
「どこまでコストを抑えられ、どのように世界に売るのか?」
・・・もう、私ら私立大とはやっている事や役割が違うね。
私らは現場監督になる教育を受け、その通り現場監督になったが、
康太達は全体の管理をするような教育を受けている。へえ~・・・そうなんだ・・・
レポートは2週間に1度の提出だが、康太は土・日・月曜に教室のパソコンで書いている。
1回に3~4時間かけて書いているが、私なんかその内容など見る気もしない。
この月曜(大学の授業はない)も朝9時から昼の1時半までかけて仕上げたようだ。
コピー機でプリントアウトしながら、軽やかに口笛を吹いている。緊張がほぐれたのだろう。
「さて、友達んとこへ遊びに行ってくるわ」
なんという軽快さだろう。遊びも勉強も、青春真っ盛りだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR