FC2ブログ

早くも山場

入学してから一ヶ月、中1は早くも山場を迎える。
「正負の数の四則混合」・・・加減乗除が入り混じる計算。大変なんですよ、これが。
加減よりも乗除を優先して先に計算する・・・そんな事、小学校でやったじゃん・・・
そうなんだけど、負の数が入ると見極めが難しくなるんだよね。
「乗除が優先する」の一言で済めば簡単だけど、そうは問屋がおろさない。
例題で説明しては、黒板で問題をやらせる。うまく出来ないからそれも例題にして説明する。
次の問題もやらせて、また失敗するから、また説明・・・その繰り返し。
「三歩進んで二歩下がる」・・・亀のようにのろいけど、ここはじっくりと進める。
全体的に8割ほど理解出来れば、次の「文字式」へ進める。
10割じゃなくて?そこまでやると時間がいくらあっても足りなくなる。
「数学は全部わかってから次へ進むもの」と言う誤解があるけれど、そううまくいくもんじゃない。
というか、誤解や疑問は絶対に残るもんなんだよね。
先へ進んでから前のことがわかる・・・なんてことはしょっちゅう起こる。
大切なことは指導者がその「ややこしいところ」を常に意識して、繰り返し確認してやることだ。
数学でも語学でも、中学では大切なことをやるんですよ。カッコの使い方なんかもそう。
公式の奥に隠れている「数学の文法・約束」をしっかり馴染ませておかなくてはならない。
私は生徒にもよく言うが「バカで数学が出来ない奴」はほとんどいない。
たいていの子は数学の文法がわかっておらず、数字や式そのものがさわれないだけだ。
例えば中1では今、「+・-・×・÷がカッコもなしに続けられない」ことを始めている。
6×-2なんて書く子はたくさんいるけれど、これでは掛けるのか引くのかがわからない。
6×(-2)なら-2を掛けるとわかる。
「そんなもん、答えが合えばそれで・・・」とやるから数学がわからなくなる。
数学って「約束」の教科なんですよ。約束がわからなかったら、当然わからなくなる。
例えば高校からやってくる子には、そういう約束を守れていない子が多い。
「高校から数学がわからなくなった」と言う人は昔から多いのだけど、
そのほとんどが中学で馴染んでおくべき約束が認識できていない人ですよ。
中学時代は出来た・・・と言う人も、そこではボロが出なかっただけ。高校からは支えられない。
それが証拠に今の高3の数学は2年前とは格段に良くなったけど、
この2年私がやって来たのは「気付かない数学の文法」を直して来ただけだ。
すると数字の意味、式の意味がよくわかるようになるから、自信を持ってさわれるようになる。
たぶん、よその塾や学校でやっている数学とは、ほんの少し、目のつけどころが違うんだろうね。
世はゴールデン・ウイーク最終日。のんびり出来ましたか?
私は休みもなく、いつもと同じ。今日の高3と中3も、バシバシ鍛えておかなければならない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR