FC2ブログ

電脳

今年もプロ棋士対コンピュータの将棋対決が行なわれた。
結果は去年とほぼ同じで、4-1でコンピュータの勝ち。恐るべし、コンピュータ。
少し前まではコンピュータの性能が劣り、対局したのは盛りを過ぎた老棋士だった。
「段位だけは9段、弱9段」などと言われる棋士が出て行っても人間の方が勝ち、
「ま、所詮は機械だのう、、ふぉふぉふぉ」と笑われる程度。
しかし今や、その様相はまるで違う。出ていくのはバリバリの若手で、最高峰A級棋士が行く。
それでも勝てない。もはや名人の森内・土生の両棋士が出ざるを得ないかもと言ううわさもある。
将棋はチェスと違い取った駒が使えるのでさらに複雑になり、その形勢判断は
機械では不可能と言われていたものだ。
しかし「データをため込む」と言うのはコンピュータの得意分野であり、
1秒間に50万手ほどのデータを調べ上げ、プロも気づかぬ手を指すようになった。
これは・・・コンピュータの進歩は我々の想像をはるかに越えているのかもしれない。
アポロ宇宙船が月に降り立ったのはどれくらい前?40年ほどでしょ?
その時のアポロ宇宙船もでっかいコンピュータで操作されていたんだけど、
そのコンピュータの性能は、今の「スマホ」より劣っていたと聞く。
え?今じゃスマホで宇宙船を操作できるの?・・・すごい・・・
これだとあと数10年後のコンピュータがどうなっているかは、世界の誰もがわからないんじゃあないの?
本当に「鉄腕アトム」みたいに「自分で思考するロボット」が誕生するかもしれない。
そうなると産業構造や人の生き方など、社会構造そのものが変わってしまうね。
かつての「産業革命」でも人々は驚き、社会が変わったけれど、どうしようもなくそれは進んでしまった。
それと同じことが起ころうとしているのかもしれない。
おお嫌だ。私のようにこれから老いて行く世代だと、そんなことはまっぴらだけど・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR