FC2ブログ

元から換気

教室に備え付けの「OMソーラー」は、流行の発電機能はない。
年中換気するだけだ。基本的には縁の下の基礎コンクリートを
暖めたり冷やしたりしている。
夏場は夜に冷えた空気を縁の下へ送り、冷やしながら換気する。
冬場は屋根で暖まった空気を送り、暖めながら換気している。
コロナで「換気しろ!」って言われる前からずっと換気し続けてるんだ。
発電はしないから「O:おもろうて、M:もったいない」装置だと言われる。
いや、決してもったいなくはないんだけどね。
クーラーや熱カーペットほど強烈に冷やしたり暖めたりはしないけど、
自然に温度を調整してくれるから、冷暖房費は半額で済む。
それだけでも発電と同じくらいの費用効果はあるんじゃないかな?
コンクリートは温度変化しにくいから、送風が終わっても
床からやんわりと冷やしたり暖めたりが長く続くんだ。
それは教室の玄関を入った瞬間にわかりますよ。
少しだけど夏場は涼しいし、冬場は暖かな空気に触れる。
しかも半日は換気してるから、嫌な臭いは全くしない。
ウイルスや菌なんかあっという間に外へ出してくれる。
玄関にあれだけでかい下駄箱があるのに、「ガキの足の匂い」が全くない。
松本先生は家から消毒アルコールを持ってきてくれた。
私は毎日掃除をして、机も拭いている。中1は多いけど、他の学年は4~5人までだ。
それでもよそで感染することはあるかもしれないが、
家の中に閉じこもって震えているだけではしょうがないだろう。
これで感染するならもう、諦めるしかないほど、万全な状態は維持している。
今日も自然で爽やかな空気に包まれて、授業することにしよう。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR