FC2ブログ

春欄満

昨日の話の続きから。
康太の仲間の一人が選んだ研究室では、伝統通りのじゃんけんで決めることに合意した。
直前に友人は緊張した面持ちで康太に語った。
「これは人生を変えるかもしれないじゃんけんだ。俺だけじゃなく、全員が緊張する。
 そこで、俺が以前に読んだ文献だが、人は緊張するとグーかパーしか出せなくなるらしい。
 チョキは出しにくいのだ。つまり、パーを出せば、少なくとも負けはない。
 ここは負けるわけにいかない、俺はパーを出して様子を見ることにする」
6~7人で一斉にじゃんけんするのだから、普通は“あいこ”を何度か繰り返すだろう。
彼はずっとパーを出し続けるのだろうか?
康太はぜひ現場を見たかったのだが、成績順の自分の決定戦のため見ていない。
だからあとから彼に聞いたことだ。彼は決死の面持ちでじゃんけんに立ち向かった。
「じゃんけん、ぽん!」 
彼は信念通りパー。敵は・・・あろうことか!全員チョキ!!漫画ではない、事実だ!
敵は、まったく緊張してなかったのかな?それともさすが京大生、全員その文献は勉強していて、
たまたま意識して全員チョキにしたのだろうか?
彼は“あいこ”にもならず一発で敗者となり、がっくりとうなだれていたという・・・
彼は気の毒だが、康太はうまく「成績順」を切りだしたものだ。
春からのカリキュラムに康太は松本前総長と、IPS山中教授の講義があるのを見つけた。
もう吉田キャンパスで講義を受けることはないと思っていたが、これはぜひ聞きたい。
ただ、とても人気が集まるだろうから、受講希望を出しても定員オーバーではねられるかも。
「ま、研究室は落とされたら行けへんけど、これは関係ないな。
 勝手に教室へ入って聞いてたらいいもんな」
なるほど・・単位を取る必要はないから聞くだけでいいんだ。
何度も桂キャンパスから吉田キャンパスへ行くことになるのだろう。
一気に桜が咲いている。気持ちも新たになるこの季節に入学式をやる日本は正しい!
今日は卒業生のマスミやミツハ達とランチ。
道すがらの素晴らしい桜と、おいしいランチを楽しんでくることにする。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR