FC2ブログ

継続が力

シングルス京都大会はカンナがベスト16に入り、近畿大会決定戦のベスト8で敗れ、
近畿には進出できなかった。残るは6日の近畿大会団体戦のみ。
6日は中学・高校のブラスバンド大会もあって、だいたいそれで全部おしまいかな?
中学のブラバンには1年のモエ・ヒカリと2年のフウがいて、6日までは夏の授業に来られない。
仕方なく昨日と今日、2日間だけ合同で補習だ。
3人だけかと思ったらカナコは4日に将棋の全国大会があるし、ハヤトやシュンスケは合宿、
サエはダンスの大会・・・それはどうなんだろうねえ・・・・
あくまで補講は補講で「間に合わせ」だから、6日間じっくりやる本授業にはかなわない。
補講は技術的なチェックだけだから「深まり具合」を黒板でチェックできない。
黒板だと細かなとこまで全部見えるんですよ。
「この子はおおむね良好。こいつは・・・ここがまだ理解できない。この子はここを勘違いしている」
それらによって説明や練習量も変わるし、授業密度も全然違う。
「補講で大丈夫」と勘違いしてないかな、こいつら・・・それだとそこらの塾と同じだよ。
卓球もそうだけど、数学も生徒の様子を見ながら月単位・年単位で修正していく。
まるで変化のないようなことをしつこく繰り返し、少しずつ成長していく。
その作業の中で「自分は何をすべきか」を問うことが大切であって、教わるだけではダメだ。
今朝も早くから真子・トモヤ・ミオとユウカ姉妹・ミユなんかが勉強している。
自分でやることを決めてしつこく続けている。
昨日真子が康太に物理の質問をしていた。色々検討した康太が驚いている。
「ずっと続けて勉強しているせいか、物理の理解度がすごく進んでいる。これなら・・・・」
何事も「継続は力なり」は本当のようだ。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR