FC2ブログ

本番前夜

正確な日にちなど忘れていたが、そうか、25年前の今日が大地震だったんだ。
康太が赤ちゃんだったのは覚えていたけど、ちょうど10ヶ月だった。
私は飛び起きて、たんすが倒れないか、家がつぶれないか心配したけど、
女房と康太はグウスカ寝たまんまだったな。
この日にちだと、当時の大学入試はどうしたんだろう?
まるで覚えてないけど、私立大は入試真っ最中だし、
国立も阪大なんかは入試ができたのかな?
25年前の受験生だと、うちでは6期生だ。
京都工芸繊維大とか東大にも行った子がいたけど、
どう受験していたのかは覚えていないな。受験はしてたんだ。
今年も明日から2日間のセンターテスト。最大に緊張する日。
グースカなんて寝られないし、寝られなくて普通だと思ってればいい。
ただ、飯はしっかり食べて、風呂に入って、布団の中でじっとしてればいい。
幸い天気も悪くない。
普通の冬の寒さで、ひどく凍てつくことも、大雪の心配もない。
私は新聞発表される数学を解くことにしよう。
大丈夫、うちの子たちはきっと無難に乗り切るだろう。

大阪勢強し

カリンはベスト16まで勝ち上がった、強いねえ。
これは中1の時以来の全国ベスト8かと期待してライブを見ていると、
相手に上がってきたのは小6のカットマン。
こちらもすごくて16決定で日本期待の小6対決に勝ち上がってきた。
負かされたのは張本君の妹で、小学生ではダントツに強いんだけどねえ。
カリンは第1セットを取り、第2セットもセットポイント。
さすがに小6と高2じゃあパワーが違うかな?勝てそうだ・・・
そこからまさかの逆転を許し、3セット連取され逆転負け。
背中を丸め、うつむきながらコートを出る姿に無念さがにじみ出ていた。
まあ、勝負のチャンピオンスポーツの世界はこういうもんだけど、
どんなに死ぬほど練習しても、さらなる才能がどんどん出てきてしまう。
わかってはいても・・・厳しいねえ・・・
高2以下のジュニア女子はベスト8が出そろったが、6人が大阪勢。
な、何なんだ、この強さは。しかもリベルテ高の選手が3人。
大阪は四天王寺だと思っていたし、リベルテなんて聞いたこともなかった。
懸命に選手を集めたんだろうけど、もう、名門校の時代じゃないのかな?
週末にはシングル・ダブルすべての競技で優勝者が決まる。
新たな流れにも注目して見てみたい。

身体に染み込ませる

中3はここしばらく時間を測って過去問を解かせていた。
試験の時間の速さを具体的に覚えさせるためで、これはこれで必要だから。
そのあとに間違った問題は黒板でやらせていたのだが、
黒板だとたいていすぐに解けるし、最初にどういうミスをしていたのかわかりにくい。
昨日は最初から問題を絞って、久しぶりに黒板でやらせてみた。
な・・・なるほど、そういう考え方の間違いをしていたのか・・・
黒板でやらせる最大の利点は、教師にすべてが見えることだ。
見当違いをやっているとすぐに「なんじゃ、ワレえ~」っとパンチを叩き込める。
稀には「な、なるほど」と、私よりよい解き方をすることもある。
授業とは、考え方・とらえ方の基本を身に付けさせることが目的だ。
その意味では黒板でやらせた方がはるかにいい。
もう受験直前だが、その先の学びも視野に入れてまとめていきたい。

チャンピオンスポーツ

朝や夕方にジョギングしているのはエンジョイ・スポーツで、
タイトルを狙いに行くのがチャンピオン・スポーツ。
ただ楽しむだけで始めても、どこからか勝ちたくなるのは必然で、
どうしたってチャンピオンスポーツに踏み込んでいくものだろう。
ただそれはいばらの道で、苦しさばかりの日々となる。
東京オリンピックの卓球日本代表は2枠。
女子は伊藤が決まり、最後1枠を石川と平野が最終試合まで競った。
結局石川に決まるのだが、二人とも試合後、泣きながら同じことを言った。
「この1年は思い通りに勝てなくて、苦しくて辛くて、
 大好きだった卓球が嫌いになり、もうやめようかとも・・・」
“頑張れれば、結果は無関係”などというのはエンジョイスポーツで、
チャンピオンスポーツでは「決勝で負けるなら、1回戦で負けるのも同じ」となる。
出場する誰もが優勝しか狙っていない。しかし優勝するのは一人だけ。
優勝者だけが栄誉も金も、すべてを持って行く。辛くても、それがチャンピオンスポーツ。
そういう世界は高校生以上が、自分の意志で踏み込むなら納得だが、
その何たるかもわからない小学生や中学生にやらせるのは、私は反対。
「いや、この子がやりたいというから」
違うね、子供はわからないから、それは親がやらせているだけだ。
「勝ちたい」という親の欲望を子供に押し付けるのはよくないと思う。
しかし石川や平野は自分の意志でそこへ踏み込む。それには反対しない。
全日本卓球選手権が大阪で開催されている。
一般で勝つのは張本君と伊藤ミマだろうな。いばらの道だからこそ、優勝者は美しい。
ジュニア(高2以下」もやっていて、昨日で2回戦までが終了した。
小さな頃見ていたカリンが勝ち残っている。3回戦はライブ配信され、12時25分からだ。
早めに昼食を済ませ、しっかり見ようと思う。

成人式

今日は晴れでよかったね、女の子の晴れ着がよりきれいだろう。
ヒナとユウカが今頃着物を着て出かけるところかな?
来年はマミ・カンナ・ジュンが着飾るときだ。
真子がやったけど、前年に「前撮り」はしないのかな?
京都の古民家をスタジオにしたところへ出かけて行って、
化粧もしてもらい、着物を着た真子は自分の娘とは思えないほどだった。
成人式も中学の同級生たちがたくさん来ていて、とても楽しいらしい。
私自身はそれを見ていない。東京の大学でクラブがあったからかな?
理由はもう忘れたけど、これは出席するべきだった。
女の子はすごく変わるから、男どもは誰が誰だかわからないんじゃないかな?
ヒナやユウカも素晴らしい1日を過ごすといい。
高校生はこの土・日がセンターテスト。精神的に一番きついとき。
今日は理系・文系を一つにして、軽くマーク模試の練習だ。
もう、やるべきことはすべてやってきた。
よく食べてよく寝て・・・なかなかそうもいかないけれど、
そういうものだと納得するしかなくて、いつも通りに過ごすしかない。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR