FC2ブログ

生き方を問う

世界の片隅で、たった一人の日本人として生きる人に会いに行く番組がある。
今回会いに行ったのは、ウルグアイだかチリだか、ブラジルの下の方の国で、
広大な農場を営む72歳の男性。40年以上も日本語を話さないのに流暢な日本語だ。
18歳まで東京に生まれ育ち、サラリーマンにでもなろうとしていた。
しかし私の10歳年上ということは、学園闘争へ向かおうとする世代で、
ヒッピーや集団就職なども含めて「どのように生きるか」を強く考えた世代だ。
「自然が好きだから」と自衛隊に入り、志願して北海道の駐屯地へ行った。
そこで知り合った現地のおじさんは、「わしは小学校も出ていない」と言いながら、
魚の取り方や罠の仕掛け方など、たくさんのことを知っていたという。
「この人のように生きたい」と海外派遣の制度を利用し、南米へ渡った。
アンデス山脈の中へ入り、3年も開拓の仕事をした。給料は金ではない。
「山の中では金は使えないから」、3年でもらったのは車2台。
過酷な毎日だったろうに、「面白くて面白くて、これ以上ない日々だった」
野生のシカなどは素手で捕まえ、ご飯のおかずにするのも楽しかった。
山を下りてからは引き継ぎ手のいない、今の農場で働いた。
農業は全く知らなかったが、自然と触れ合えるのが楽しかったという。
金のためでなく、生き様を生きるのだから、よく働いたのだろう。
農場主の目に留まり、
「この農場をお前にやる。年頃の孫娘もいるから、ついでにそれももらわないか?」
考えもしなかった結婚をし、子供もできて、農場を続けている。
まあ、ずいぶん変わった人だし、とても真似はできないが・・・素敵だ。
生き様を問うという風潮は、今の日本にはない。
私ですらこの歳になってようやくそれを問い始めたばかりだ。
アンデスの山を背に農場に微笑みながら娘とたたずむこの人は、
間違いなくパラダイスの住民だった。

教師は教えてくれる

以前には高校社会の教科書がAとBに分かれていて、
「定められた単位数が足りない」とかで騒動になったり、
大学が求めるB教科の「授業が高校にない」ということがあった。
トモキなんかも教科書だけは教師にもらって、自分で独学したものだ。
今は対策が取られて、もうそういうことはないかと思っていたら、理科であった。
トオヤは工業科から発展した高校の普通科に行っており、化学の授業がない。
物理・化学・生物などに分かれているから、単位はどれかで足りるようだ。
しかしトオヤが志望する大学は、センターで物理と化学が要求される。
数学と物理では進学コースの生徒も抑えてダントツになっているはずだから、
仕方ない、化学は自分でやらせよう。参考書と問題集は教室のを渡しておいて、
「高校の理科の先生はサンプルにと、出版社から教科書をもらっているはずだから、
 あれば、もらえないかと聞いてみな。たぶんくれるよ」
トオヤが聞きに行くと、事情を聞いた先生は、
「そうか、自分で勉強したいと・・・そういうことなら、放課後なんかに、
 俺が授業して教えてあげよう。曜日と時間を決めようか」
すごい!なんてラッキーな奴だ。
まあね、教師はもともと教えるのが好きな人種だから、
熱心な生徒には教えたくなるもんなんだ。今どき珍しい生徒だからね。
しかしそれなら余計に、トオヤの方にも礼儀が必要だ。
「基本は自分で勉強するんだぞ。自分でやって、わからないとこだけ聞くようにするんだぞ」
そういう形になれば、どの教師でも身を乗り出して教えてくれるはずだ。
向学心があれば、教師はいくらでも教えてくれる。それが教育の本来の姿だ。
トオヤはこれで大きな得をする。なぜ、多くの生徒は、そうしないのだろう?

ブランド・・・って?

人の金を横領するような人間って、皆同じようなことをするね。
逢引き用の「ミッキーハウス」を建て、ルイビトンを2億円分も買う。
自分の金じゃないからそうなるんだろうけど、唖然とするばかりだ。
ブランド品を身に付けたら、自分も「上等」に思えるのだろうか?
そう思う人間も多いんだろうね。
だから学問でも「ブランド学校」を立ち上げて商売にする。
そりゃあ志望大学を決定したら、その大学の過去問は誰だって見る。
どういう問題が出て、自分はそれが解けるのか?それは自分でやることだ。
とけるかどうかを決定するのはそれまでの学び方によるのだが、
自分で金(学び)を貯められない人ほどブランドに飛びつこうとする。
下地が何もないのに「傾向と対策」だけをやって突破できると思い込む。
けれど練習用の問題集みたいに、まったく同じ問題なんて出ないですよ。
それだと数学じゃないもの。
少し表現を変えて、それが同じ問題だと「見抜けるか?」を問うてくる。
ブランド品で着飾るだけの子に、それが見抜けるわけがない。
同じ問題なのに、「傾向が変わった。わけがわからなくなった」
そういうのは腐るほど見聞きし続けている。
そういうブランド品が通用するようになったら「学問ではなくなる」
ということもわからないらしい。
中身をしっかり鍛え上げて、それに合わせた服を着る。
私がやってきて、今も続けているのはそういう作業だ。

座敷童子達の仕上がり

勉強は何の理由もなくするものだし、する場所はどこでもいい。
自分ちの自分の部屋が一番いいなら、そこですればいい。
時々「どの場所も気に入らない」と言うやつもいるが、それは甘えだ。
赤ちゃんまで含めた4人の弟・妹で極めて騒がしく、
ひっくり返るような家でも工夫して勉強し、京大まで行った奴もいる。
たまたま落ち着いて勉強できるところが教室であり、
しょっちゅうやってきては勉強してる子らを、私は座敷童子と呼ぶ。
フリースペースに座っているだけで教室を守ってくれているから。
高2のユウカとモエはほぼ毎日学校帰りに立ち寄る。
家の晩御飯ができるまで、1~2時間勉強して帰る。
どちらも数学なんてまるでわからないから、散々どつきまわし続け、
「学び方」をその身体に染み込ませていった結果だ。
よくわからないのだから、わかる子よりも少しずつ、しつこく勉強しなくてはならない。
受験組では中3のタケルは授業終わりに居残って勉強してるし、
コウスケは土・日には必ずやってきて、しつこく勉強するようになった。
そういう勉強の「あり方」を知らなかった二人だが、その在り方を学び、
ぐんぐんと伸びてきている。それも当然の結果だ。
高3は死に物狂い。
カンナ・ジュン・マミはほぼ毎日、土・日は弁当持ちで朝から来る。
カンナとジュンはセンターの得点が重要な国立大志望だが、
半年前は忘れていることが多くて得点になっていなかった。
卓球と勉強の両立で大変な中、できる限り「学びの在り方」を模索し続けた。
その「下地」があってこその、今の座敷童子だ。
こちらもぐんぐん整い始めている。
センターの数学では、カンナだとほぼフルマークができるかもしれない。
それくらいが要求される大学だから、やるしかないのだけど。
座敷童子たちはそうやって、それぞれ自分を仕上げようとしている。

読み返してみると

本の表紙

★ galaxy books 新刊情報 ★


__________________________________

いつもお世話になっております。


galaxy books 編集部です!



先日10月31日はハロウィンでした。

今では日本のビックイベントの一つですよね。

街は仮装した方で大賑わいでした!

みなさまはハロウィンをどうお過ごしでしたか?


では、さっそく新刊情報をお届けします♬




人生のフォームづくり
~こどもを大人にするための教育論~



河原 博

方向性を見失い、
中身がスカスカになってしまった教育に
子どもを任せていいのでしょうか。
見失ってはならない教育論を
ここに問いかけてみましょう。


--
┏┌┌┌┌
┏┏┌┌┌  galaxy 株式会社 編集部
┏┏┏┌┌  〒550-0005
┏┏┏┏┌ 大阪市西区西本町1-2-19 
┏┏┏┏┏ AXIS西本町セントラルビル 3F
┏┏┏┏┌ 
┏┏┏┌┌ Email: galaxy_support@galaxyinc.co.jp
┏┏┌┌┌  URL: http://galaxybooks.jp/
┏┌┌┌┌     http://galaxybooks.hatenablog.jp/
┏┌┌┌┌ media: https://conetto.net/
┏┌┌┌┌  TEL:06-4390-4309  FAX: 06-4390-0016

昨日の夜、寝床で読み返してみましたよ。
教師の方には共感してもらえると思うけど、一般の方には硬いのかな?
でも、全体としては悪くないと思います。
第4章では自分で書いたものなのに、ちょいと泣いてしまいました。
ロザンの菅ちゃんが「自分の著書は絶対に人にはあげない」という。
「もらった本って読みますか?まず読まないですよね。
 読んでもらえない、印税も入らない、いいことは一つもありません。
 だから本は必ず買ってもらいます」
なるほど・・・私もあげることはしないでおこう。

役者でない

そういう芸名の一人芝居役者タイチがまた顔を出してくれた。
8月11日には京北の山の中の舞台でも舞台を芝居をやって、
とても行きたかったんだけど、夏季講習中だったので、
泣く泣く他の人にチケットを譲って行ってもらったんだ。
今度は年末12月30日の日曜に、芸大近くの茶山にある
フィガロという喫茶店で芝居をするという。
「駆け込み訴え」というタイトルで、太宰治の原作らしい。
へえ~タイチなんかに太宰なんて演じられるのかい?
4年ほど勤めた会社は辞め、今は実家に戻り、
演劇関係のバイトや仕事で食いつなぎ、もう少し役者をやるつもりだ。
ま、役者なんて「40になって初めて売れた」というもんだから、仕方ない。
来春からは弟と妹が同時就職で京都にいなくなるから、
実家に母一人にするよりいいのだろう。
それだと母ちゃんも誘って3人でキセンボウの蕎麦を食いにも行けるし、
それはそれで楽しいんでないかい?
年末だと28日に冬期講習を終えて忘年会をやり、
29日にあとかたずけをすると、30日は暇だな。
真子は留学中でいないけど、康太は帰っているかな?
少なくとも私は見に行くが、康太や女房も来るなら、3人でタイチに
「へたくそ~!」というエールを送り、出町あたりで飯でも食って帰るとしようか。
卒業生の面白い姿を見られるのも、教師の幸せの一つだ。

お買い上げ感謝

予習を終えて外を見ると、いい天気だ。
そうだ、飯前にゴリママに本を届けようと、歩いて駅前のジャパンフォートへ。
店に近づくと、若くて美人が植木に水を撒いている。
ゴリママ?いやあ、娘のゴリは康太の一つ上で、ゴリママはいい歳のはずだぞ?
でも、店の前で水を撒いてるしなあ・・・そばまで行くと、やはりゴリママだ。
私に気づくと大喜びで店に入り、「おばあちゃん、先生が来てくれたで」
とおばあちゃんを呼ぶと、すぐに顔を出してくれた。
店は明るく、この雰囲気がとても暖かい。
ゴリはこういう空気の中で育ったんだ。そりゃあいい娘になるはずだ。
母子ともに昔から楽器をやっていて、今でも年数回ライブをこなす。
ゴリママはヘビメタバンドもこなしたらしく、デーモン閣下みたいだったかもね。
本を渡すとすぐに写真を撮ってくれて、ブログに載せてくれた。
ゴリママのブログで検索するとすぐ出てきますよ。
ここのコメントにも、ママのブログにも、身に余る暖かなコメントをいただいた。
授業が思い通りに進まず落ち込むばかりだったが、
私の仕事に意味があったといってもらえる。心まで晴れてきた。
ゴリは4年制大学の看護科を卒業後、府内の大病院に勤務している。
初年度こそ現場の厳しさに圧倒されたがずいぶん慣れ、
仕事にもバンドにも全力投球する日々だ。ものすごくうれしい。
このように生きていける基礎を、今の在校生にも、何としても育てなければ・・・
ユミさんからも「本、こうたで」とメールが届く。うれしい、ありがとう、いつでもランチおごるね。
こういう人たちの暖かな声が、私の支えになっている。

何で学ばせるか

人は寄り添ってでしか生きられないし、集団の中で生きていくには
多少の自由はあっても、ひどい身勝手はできないし、学び続けなければならぬ。
「年金じじい」発言でやり玉にあげられて、「市議の崩壊もここまで来たか」と言われるが、
そういう崩壊は小・中・高校からすでに始まっている。
「好きなように」と、自由と勝手をはき違えて育てる時代になっているから。
何としても、なにかをもって学ばせなくてはならない。それは教科でなくともよい。
教科の学びに向かない子もいる。それは劣るということでもない。
向かないのであれば他のもので学ばせなくてはならない。
教科には向かなかったアキラが好青年になっていたように、
世の中に鍛えてもらい、学ばせてもらえるならそれもいい手だ。
教師や親はその子をよく観察し、判断してやらねばならぬ。
「なにがなんでも学歴を」というのはやはりおかしいし、そういう時代でもない。
まだ28歳と若い青森市議も「袋叩き」にあっているが、よい学びとなるだろう。
学ばなくては寄り添えないということを、思い出さなくてはいけない。

急成長

日曜に福知山で卓球の3人団体と個人戦があり、
中1のミユ・レイナ、小5のミツキで参加してきた。
ジュンは監督なのかただの付き添いなのか、見に行き、
ミユとレイナの成長、その強さに度肝を抜かれたという。
どちらも小3、小4あたりから指導しているが、なかなか強くは打てなかった。
性格的に穏やかなせいか、ラケットにあてて、そっと返すばかり。
ずっと基礎ばかりを鍛え続け、去年からフットワークを多くし、
この夏から多球ではない練習にサーブ・レシーブとショート打ちを課した。
レシーブはそっと返していたが「はらって、強く返せ」
ショート打ちは相手にブロックさせ、フォアで連打する。
早くボールが帰ってくるので大変だが、これが卓球のリズムだ。
ミユもレイナも3球目くらいからスマッシュしていく。
もちろん最初は入らないし、入れば返ってこない。
けれど数か月繰り返すうちに、何本もラリーが続くようになった。
ボールの速さに目が慣れてきたのと、リズムが身体になじんできたのだろう。
一気に強くなり、先輩の男子大学生を負かすようになった。
ジュンが見ている前でもレシーブから強打し、相手の強打もカウンターで返す。
足の動きや身のこなしの速さにびっくりしたらしい。
「もう、私でも勝てない・・・」
そう、すごく強くなり、京都のトップランカーとも互角の試合ができる。
ただ、最後の1本がまだ勝ちきれない。さあ、どうしよう。
台上の短いボールの処理練習を増やし、あとはブロックと強打の入る確率を上げるんだな。
それには・・・フットワークのさらなる強化をしないといけない。
学校以外では土曜の練習に来るだけ。
練習量はそれで精一杯だから、せめて頭を使って、質で勝負するしかない。
これからがすごく楽しみになってきた。

暇な方がいい仕事

表紙

「人生のフォームづくり」 私の本が出版されました。
しばらく毎週月曜は宣伝させてください。
http://galaxybooks.jp/  ギャラクシーブックスで宣伝もしてくれています。
アマゾンの注文販売です。

女房と真子が旅行から帰った翌日曜、「来来亭のラーメン食べに行く?」
女房にしたら珍しいなと思いつつ、私に異存はなく3人で食べに行った。
ものすごく混んでいて「珍しいな」と思ったら、食べると1枚無料券をくれる日らしい。
天一でもやるこのイベント、なるほど、女房が行こうというわけだ。
私が店内に入ろうとすると、先に出てきた背の高い青年が「河原先生!」
顔を見ても「誰だっけ?」 「アキラです!」
そ、そういえばアキラだ。しっかし精悍さがすごくなったな。
高校・大学時代はしょぼくれた男だったんだけどな。ここでバイトもしてたんだ。
数年前にうまく海上自衛隊にはいれて、広島にいると聞いていたが・・・
「今は神戸にいます。神戸は広島管轄に入ってるんです」
被災地などで自衛隊員が土木作業や救命活動などをしているが、
それは陸自の仕事で、アキラ達海自は船で物資を運ぶくらいしかしないらしい。
「人数も多くて、普段はたいした仕事もしていません」
まあな、自衛隊が暇なのはいいことだろ。忙しくなったら大騒動だろ?
しかし海自で相当鍛えられたようで、言葉使いも受け答えもはつらつとしている。
いい青年になった、やっぱり若者は働かないといけないね。
なんだかうれしくなって、ラーメンがひときわおいしくなった。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR