FC2ブログ

やはり職人不足

昔は予習や問題解きにものすごく時間がかかったけれど、
最近ではどれもスムーズで早く済むようになった。
半年後、1年後の生徒をイメージして、今日の授業をどうすべきか。
なかなかイメージ通りには進まないけれど、修正も自在だ。
30年以上もやっていると職人になるんだと実感するねえ。
しかし時代は職人を評価しなくなってきた。
なんでもマニュアル化して、それを伝える情報網も発達したから。
職人なんていらないんだよね。・・・そうだろうか?
人の世や災害はマニュアル通りになることなんてあるのかな?
マニュアル通りになったら、事故でも災害でもないでしょ。
復旧現場を手伝いに来ていた人は言う、「決定的に職人不足だ」と。
手が足りないからとボランティアが来てくれてありがたいのだけど、
所詮は素人なので、迷惑ばかりなボランティアも少なくないという。
停電が長引いて生活がしんどいのはわかるけれど、
「東電は何してんだ!信用できない!」なんて怒鳴るのもいかがなものか。
電柱だけじゃなくて鉄塔まで倒れてしまう台風だったんだ。
それを1週間で電気を通してしまうのは、いったいどうやったのかわからないほどだ。
職人がいないと現場は進まない。
ここは耐えて、日本の在り方を考える機会にするといい。

思考の難しさ

指数の変換を忘れたので、Xの2乗をX2と書く。
「X2-7X+9が素数となるような整数Xを全て求めよ」
昨日始めた過去問研究の中の一つの問題で、誰も手が付けられなかった。
まあ、Xに1を代入してみると3になり、これは素数だ。
だからX=1は答えの一つだろう。そこまでは皆やる。しかし・・・
素数って無限にあるよ。Xが100の場合とか、調べきれないよ。
たいていはそこで思考が止まってしまう。もう一歩踏み込むと・・・
『無数にあるものを書けとは聞かないな、数に限りがあるはずだ』
言われればその通りだが、そこへ持って行くのがとても難しい。
それを思いつけば、Xに2,3,4と代入していって、
『ひょっとしてこの数式、3の倍数になるのかな?』
それに思い至れば、もう解くことはさほど難しくはない。
この問題が「この式がすべてのXで3の倍数となることを証明せよ」なら
ほとんどの高校生が証明してしまえる。帰納法の基本問題だ。
問題の表現だけで難易度が全く変わってしまう。
3の倍数になることがわかれば素数は3だけで、すぐにXは計算できる。
こうなるともう答えの数字よりも、発想できるかが問われている。
やれやれ・・・あと半年こういう経験をいっぱいさせて、慣れさせるしかない。

絶滅危惧

千葉県の台風被害があまりに悲惨で、連日報道されている。
復旧の遅れについては「被害が想定以上だった」
電気屋は倒木をさわれない、建築屋は電柱をさわれないという
「法律の制約が・・・」などというが、根本的には土建屋が足りないんでしょ。
東北震災復旧が進まないのと同じだ。
40年ほど前には親子でやっているような小さな土建屋がたくさんあった。
多くの現場で経験を積んでるから今回の千葉でも、
あっという間に処理して、道路を確保してくれただろう。
そういう土建屋は今、まったく見かけない。
屋根が飛ばされてブルーシートばかりが目立つけれど、
他府県の被災地でも「3年経つけど、まだ屋根が直らない」というところもある。
屋根職人などの大工が少なすぎて順番待ちだからだ。
今の家は工場で部品を作って現場でプラモデルのように組み立てるだけだから、
そういう職人なんかいらないわね。
だから家をぶち壊して新たに作るなら早いけど、
部分的に直すとなると、何年かかることやら・・・・
農業もそう。
高齢化で地方では放棄耕作地がどんどん広がっている。
田んぼなんか一度荒れちゃうと、元に戻すのに何年もかかる。
絶滅危惧種の動物は、一定の数を下回ると確実に絶滅する。
新たに生まれるより、死んでゆく数が上回るからだ。トキもそうだった。
土木建築業や農業も、すでに限界数を下回ってないのだろうか。
そうだとすれば経験値や技術はなくなってしまう。
新品は作れても、部分修理や復興ができない、食べ物も作れない。
いったい日本はどこへ行こうとするのだろう。

国語再び

昨日の昼間はずいぶん暑さが戻ったが、朝晩はしのぎやすくなった。
土曜の卓球も汗はかいても、真夏ほどびっしょりではない。
カンナとマミが久しぶりに練習に来た。
カンナの前期成績がすごいのは聞いていたが、マミも同じくらいのトップクラス。
このまま頑張ればマミの学費半額は維持され、国立大より安い。
カンナはこの2ヶ月のバイト料が20万円にもなり、どちらも親孝行だ。
これはもう俺のラーメンをおごるしかない、25日に食いに行こう。
忙しくてしばらく気が回らなかった国語も今週から復活だ。
2年後から始まる共通テストの英語検定の是非が騒然となっているが、
なぜ国語力低下を先に言わないのだろう。
大学生以下の学生のかなりの割合が、文章の意味がわからないよ。
国語力はすべての学問の根本を成すもの。
小・中学生は「国語だあ~」を頭を抱えるが、バンバン宿題にする。
よく読めるようになって、カンナやマミに続かないとね。
この二人のようになればいつでも、絶品つけ麺をおごってやろう。

準備完了

本と私
この写真はチラシ写真と同様にユウカカメラマンに撮ってもらった。
ギャラクシーブックスから「宣伝用の写真がほしい」と言われ、用意した。

昨日の夜は寒かったね。空気が入れ替わるとこんなにも違うのか。
しかし私の心は温かだ。雑用が全部済んだから。
うだる暑さの夏授業を終えると、休む間もなく、やる仕事がたくさんある。
備品を大量に消費するから、ティッシュ・トイレットペーパー・コピー用紙
チョーク・ボールペンなどなどのチェック。買い足さなくてはならない。
エアコンやクリーナー、掃除機などのフィルターチェック。
各リモコンや時計の電池は大丈夫かな?
中でも大変なのは、全生徒の所見を用意することだ。
一人一人の顔を思い浮かべて、この半年の様子を書く。
横山にも書いてもらって編集する。年々作業がきつく感じる。
合間を縫って卓球の試合は見に行ってやらないといけないし、長野へも行った。
そんな作業が・・・全部終了、所見は月末に配布するばかり。
もううれしくて、ほっとして、心が穏やかになる。
今からは受験対策に打ち込められる。
赤本も買って問題をコピーし、高3の授業中などに解きまくる。
授業中に?過去問をやらせるから、その間私は暇なんですよ。
私は慣れ切ってしまってどんどん解けるけれど、生徒は・・・・
どうぶん殴ってやれば解けるようになるのかなあ?
今からはそんなことに集中できる。

食べ物のうまさ

昨日の昼ごはんに「よし、牛タンラー油を食べよう」と瓶のふたを開けると、
ようやく起きてきた真子も「食べる~」。
ごま油のいい香りがして、牛タンがゴロゴロ入っている。
やはり肉は固くなく、すこぶるうまい。
真子はご飯の上に何度も乗せて食べるので、あっという間になくなった。
こんなことなら10個くらい買って来ればよかったね。
コウヤからメールが届いて「東北のホヤは絶品」だという。
陸前高田を視察に行った時に食べて、
「今まで食っていたホヤはなんだったんだ!」 と思うくらいうまかったらしい。
コウヤは色々聞いていて、旬を外したホヤは環境によって強い毒をもつこともあるそうだ。
旬だけに味わえる絶品だという。
しかし・・・茨城県は「北関東」となっているが、東京の人間に言わせれば
「へ?あそこは南東北では?」というくらい近いのに、ホヤの味は違うらしい。
夜に帰ると刺身の封は切られていて、女房と真子は食べた後。
「酒のつまみには最高」と真子が言っていたので、私の分と、
半分残った日本酒もあった。ワンカップ大関・・・女房がコンビニポイントでもらったもの。
「もっといい酒は・・・」ものすごく引っかかったが、まあ、仕方ない。
ホヤの刺身を食べると、嫌な臭いも味もない、すっきりとうまい。
日本酒を口に含むと、さらにホヤのうまさが広がる。うまい貝だねえ・・・
ただ、真子は目の前でホヤを割ってもらって食べてるし、コウヤも陸前高田で食っている。
本当のうまさはその土地へ行き、その気候風土の中で食べないとダメなんだろうな。
そこで食べて一番うまいように創り上げてんだから。
ホヤをスルメにしたものもあったので食べる。
イカでもなんでも干せば味が濃厚になるが、ホヤもその味がさらにわかった。
これは・・・私も弾丸旅行で行くしかない。

弾丸ツアーみやげ

真子は終電1本前のJRで夜中12時に帰ってきた。
すこぶる元気で、杜の都仙台はとてもよかったという。
私が青葉城や広瀬川の名前を出すとびっくりしていたが、
真子は「青葉城恋歌」を知らなかったようだ。
仙台は坂の多い町で歩くのは大変だが、バスが多く、外人客も多い。
バスの車内放送で観光案内も流れているのだが、
運転手がそれ以上の説明を面白おかしく話してくれて、皆大爆笑だったらしい。
青葉城もよかったし、東北大学は山全体が敷地のでかさだった。
中でも伊達政宗のお墓になっている寺は、派手で、感動の美しさだ。
お土産もたくさん買ってきてくれたのだが、ホヤが多い。
生刺身の冷凍、燻製などなど。
ホヤは初夏から旬らしく、初めて食べた真子はおいしさに感動した。
ホヤの80%が地元周辺で消費されるらしいが、傷みやすいからだと聞く。
魚介類のうまさは京都の比ではなく、値段は同じでも量が倍ほどある。
イクラ丼もイクラの量が多すぎて食べきれなかったという。
そして「牛タンラー油」。食べるラー油で、具の90%が牛タンらしい。
「今日が“牛タンの日”で、キャンペーンしてた」
牛タンの日?9月10日が?なるほど・・9-10でキュウーテン、牛タンね。
仙台の牛タンが分厚いことは聞いていたが、柔らかいというのがイメージできない。
ここらで食べる牛タンって固いじゃない?固いから薄く切ってんじゃないの?
ロースステーキと同じくらいの柔らかさというから、舌の中でも部位が違うのかな?
やあ~真子の話を聞くだけで仙台へ行ってみたくなったよ。
とりあえず今日、土産のホヤとラー油を食べることにしよう。

弾丸ツアー

女房と真子は今朝4時過ぎに起きだして、車で京都駅に向かった。
大学生は今月末まで夏休みだが、4回生の真子は研究室があり、
時々大学へ行っては実験やら資料整理やらしている。
その合間を縫って仲間と遊びに行く相談はよくするのだが、
ほとんどの大学生はここぞとアルバイトを入れており、
アルバイトシフトがすべての生活の中心にある。
真子はアパートを引き払って帰ってきているし、年末年始の留学で
竜学費免除の特典を受けたり、ばあちゃんから奨励金をごっぽりもらったりで、
まだ余裕があって、必要がないと働かない。
そうすると・・・友達と予定がなかなか合わない。
暇な真子は「3泊くらいで外国行こか」なんて誘うが、
友達たちはバイトがギッチリで連泊は無理。
仕方なく先週は名古屋へ日帰り旅行をしたし、
今日はなんと・・・仙台までの日帰り弾丸ツアーだ。
私のようなおっさんには仙台への日帰りなど考えられないが、若さだろう。
朝4時半だと電車が動いておらず、母に京都駅まで送ってもらって、
伊丹だか関空から仙台まで2時間半のフライト。
遊ぶルートは綿密に調べ、ランチの「牛タン」は予約までしてある。
せっかくの「杜の都」だからゆっくりすればいいのに、夕方の飛行機で日帰り。
まあ、そのエネルギーは、少しうらやましくはあるけれど。

ゴーヤの撤収

4月末から種の芽出しをして、プランターに植えたのは5月。
それから丸4ヶ月、ゴーヤは成長を続けた。
今年は古い種を使ったせいか発芽率が悪く、4本しか植えられなかった。
そのうち2本は未熟児で、成長するのかもあやしかったっけ。
けれど気温が上がるとほぼ同じくらいに成長し、たくさん実をつけてくれた。
今年は初期の頃から摘葉をしたが、良かったかどうかはわからない。
葉っぱは実と同じ味で、おかげでいっぱい食べたけど。
実の本数があまり伸びず例年の半分かと思ったら、
8月半ばに異常なほど実をつけ、ほぼ200本で数だけは例年通りに。
ただ、いっぺんに100も実を付けると全部は育たず、あまり大きくならない。
9月を過ぎると蛾の幼虫が出てきて実や葉を食い漁るので撤収に決めている。
土曜に、付いている実は、それこそマッチ棒のようなものまで収穫し、
食べられそうな葉っぱもできるだけ収穫して根元をカッターで切断。
1週間ほど枯らしてから、下から引っ張ってはぎ取るという人もいるが、
蔓は斜めに張っていて、ネットに絡んで取りにくい。
日曜の朝、まずは下の方からハサミで切って取り除く。
これだと絡むこともなく速い。手が届くとこまで取ったら2階へ行く。
上の方は細い蔓が絡み合って分けられないが、
細いから大雑把につまんで切り取って下に落とす。
これも手が届くとこまで取ると、残りは少ない。
脚立に登ってはぎ取るのは簡単だ。こうやるのが一番速い。
はぎ取った蔓や葉っぱは簡単にごみ袋に収まり、
細かく散った葉っぱはほうきと塵取りで掃除して終わり。
全部で1時間もかからない。今朝燃えるゴミに出して終了。
昨日の撤収が終わった時にカンナパパがやってきて、コーヒータイムで一服。
カンナの前期成績が出て、AGPだかSAGだか、聞いたことのない評価が
3、8だったという。相当いいとパパは喜んでいたが、私にはわからない。
家に帰って真子に聞いてみると、それは4点満点で、
3を越えるとかなり成績は良く、3,8はあり得ないという。
カンナパパも後期に頑張って4にすれば、無償の奨学金が出ると言っていた。
それはすごい、いっそ学費がタダまでできないのかな。
これはご褒美にぜひ、ジュンやマミと一緒に「スーパーつけ麺」を食べに行かなくては。
ゴーヤの農作業が終わって、ずいぶん自由になれる。

そよ風の便り

本と私
藤井さんのご自宅へ行ったのは土曜なのに、奥さんからお礼のはがきが届いた。
驚いた、すぐに書かれたようだ。
藤井さんにお世話になったのは私の方だし、のこのこと顔を出しに行って、
お悔やみを述べるつもりが、私の無念な想いを奥さんにぶつけただけかもしれない。
そんな私に、「来てくださってありがとう」と書いてくださった。
亡き夫への想いを少し綴り、「ぜひまたお会いしたい」とまで書いてくださる。
いつ以来だろう・・・1枚のはがきに涙したのは・・・・・・・
歳をとるとそうせざるを得ないこともあるが、私は本来「形だけ」が大嫌いだ。
そういうところは、私は亡き藤井さんとそっくりなようだ。
「最後まで言うことを聞かなくて、わがままで」と、奥さんは笑いながら振り返られていた。
そんな奥さんからの心からの、お礼の便り。
田舎の人は「皆いい人ばかり」なんてのは嘘っぱちだとは、とっくに知っている。
けれどこのはがきと、奥さんの人柄は本物で、嘘がない。
何度も読み返すうちに、あらゆる感情が渦巻いた。
本当に藤井さんが逝ってしまったんだと、念を押されたような絶望感、
また会いたいと言ってくださる喜び、暖かなお礼・・・・
冷たいのか暖かいのかわからない風が身体を吹き抜けたような・・・・
けれどこれはきっと、長野からのそよ風なんだ。
もう藤井さんはいないけれど、奥さんも鈴木さんもいる。
なにかと口実をつけては、また遊びに行くことにしよう。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR