FC2ブログ

更新登録

いよいよ年末で高3は仕上げの時期だが、得点を伸ばす生徒は伸ばし、
それぞれの志望校を絞り込まなくてはならない。良くも悪くも現実を受け止めていく。
それと同時に来季の準備も進める。
新学年は来年3月からだが、在校生は先に席を確保する。
そうするとおおよその人数がわかり、テキストの発注ができるから助かる。
受験結果をじっと待つ「針のむしろ」の2月・3月にバタバタしたくないから。
と言っても学年によって進み方は様々だけど。
小6は小5からの復習を進めている。
整数論・小数・分数の演算などを確認、復習しておくと中1で助かる。
新たな生徒も増えそうだから、中1内容は3月からスタートだ。
他の学年は新入生を待ってなどいられない
中1は2月には、中2は新年1月から次の学年の内容に進む。
高1はとっくに数Ⅱに入っているし、高2も2月には3年内容へ行くだろう。
中3は受験発表後すぐ授業開始となるが、高1への権利は持っている。
どこへ進もうが、高校からも来たければ来られるわけだ。
中3に更新登録を渡すのはもっと後でいいが、他は今週で渡し終わる。
やがてはそれぞれの河の流れになるのだが、今はまだ最初の一滴に過ぎない。
河として流せるよう、鍛えてゆかなくてはならない。

ミリ単位を問えるか?

出願高校を決定する時期が迫っている。最終決定は1月の頭かな?
すると何十年も聞き続けた「少しでもいい高校へ」と言う声がまた聞こえる。
まあね、いい高校へ行くに越したことはないけれど、
その「いい高校」って、何がいいのかな?それを考える親は少ない。
今年はいますよ。「この高校の、この先生に出会わせたい」
なるほど!それなら納得するし、大賛成だ。
けれどほとんどはそうじゃない。
「偏差値が少し上だから」 「少しいい大学へ進学してるから」
どれくらい偏差値が違うの?55と56の違い・・・それに意味があるの?
いい大学って?国立大へ2人多く行った?どの国立大?
自分の子供はそこへ行きたいの?将来どうしたいの?
そりゃあ堀川さ嵯峨野と中堅高校じゃ偏差値はずいぶん違うけれど、
それはそういう生徒がたくさん集まるだけで、高校の差ではない。
行った高校を良くするも、悪くするも、それは自分次第だ。
まあ、レベルの高い子が多いとレベルの高い話がしやすいということはあるけれど、
中堅高校の偏差値1違いなら、レベルは何も変わらない。
通学距離や時間も考えて、同じ程度なら近いところへ行けばいいと思う。
マラソンを走るのに、スタートで1ミリ有利かどうかを言ったって、
その1ミリをどう使うんだろう。
それは大学も同じだ。そこで何を学び、将来どうしたいのか。
カンナやマミは国立大へは行けなかったけれど、明確な目標を持ち、
しっかり勉強はするし、大学が楽しくて仕方ない。
国立大で落ちこぼれるより、私立大でトップに立つ方がいいですよ。
そりゃあ環境はいいほうがいいけれど、将来を決定するのは学校ではなく自分だ。
ミリ単位に目を奪われず、将来を見据えて学校も選びたい。

「わかったつもり」はダメ

問題の構造を懸命に説明して、練習のために基本問題をやらせる。
そうだな・・それがたまたま二つの数字をかければいいとなると、
たいていの生徒はもう文章なんか読みもせず、出た数をかける。
本当には「なぜかけるといいか」を考えてくれるといいんだけど、
そこはなかなか考えてくれない。
試しに同じ問題を図形にしてやらせると、もう何をしていいかわからなくなる。
これが一番ダメ。数字をかけただけでわかったつもりになってる。
だから入試問題で「なぜそれをかけるのか、説明しなさい」とやられてなにも書けない。
いつまでたっても数学そのものがわからない。
これを直そうとすると大変で、時間もものすごくかかる。
だから塾なんかではそういうことはやらない。パターンを暗記させるだけだ。
中学まではそのほうがそこそこの点数になりやすいから。
点数取らせないと親が文句言いに来るからね。余計にそうなる。
けれどこれ、高校以上では通用しなくなるんだよね。
「なぜそうするか」の方に質が変わっていくから。
うちの生徒の多くが高校から頭角を現してくるのはそれによる。
中学から時間をかけて生徒を観察し、
「おどれ、なんもわかっとらんやんけ。もういっぺんこれでやりなおさんかい」
そんなことばかりやってるから、点数になるのは遅かったりもする。
けれどうまくいけば、高校あたりから一気に開花する。
まあ、もうひとつわかりきらない生徒も出てくるが、
学びの本質と方向性がわかれば、社会へ出てからさらに伸びるだろう。
「こんなんも処理でけへんのけ!」
昨日も高2に怒鳴りつけておいたら、授業後、アヤとミクは居残って復習していた。

努力できる天才

バンタム級のチャンピオンズトーナメントで優勝し、
世帯の頂点に立った井上選手が「プロフェッショナル」で取り上げられていた。
1年近く続く取材の冒頭で井上選手の要望がある。
「勝ったとかそんなことじゃなく、その裏側の努力、
 ここまで準備してるんだ、と言うものを撮ってください」
6歳からアマチュアボクサーの父と共に研究と努力を重ねた。
高校で史上初の7冠に輝くが、そのころはプロボクシング界が嫌いだったという。
「勝てる奴としかやらない。パフォーマンスしか見せない」
ああ、あの「団子3兄弟」のことね。私も大嫌いだ。
「常に強い相手を求め、勝ち負けのわからないところでぶつかり、
 ボクシングそのものを見せたい。観客を熱狂させるボクシングがしたい」
まあ、プロだからこそ「勝てる奴としかやらない」もアリなのだろうが、
まだ26歳の若者の言動には、確かに血が沸く思いがする。
自分のことを天才だなんて、少しも思っていない。
「あくまで研究と努力です。負けたら、次どうやって勝つかを研究する」
いや、はたからすれば、どう見たって天才だ。
同じ研究と努力をしても、誰も井上にはなれない。
私が思う井上の天才は、努力の「方向性」にあると思う。
がむしゃらに努力するのではなく、常に状況設定を考えている。
こう来たら、こう打つ。こうなったら、こうする。それを実現するために努力する。
私が常に言う「方向性」とは、そういうことだ。
それだけの方向性と努力を、人は簡単に「天才」と言う。
うちの教室だってこれだけの努力を「できる奴しか行かない」と言われる。
方向性がぶれずに努力しているだけで、本人は自分を
「天才」とも「できる奴」だとも思っていない。
方向性が素晴らしい井上選手から、これからも目が離せない。
うちの生徒たちにも見習わせたいところだと、強く思う。

理解の意味

真子がまだ小学校の低学年の頃、店の看板を読んだ。
「寿屋」と書かれているのを「す屋?変な名前やなあ?」
なるほど「寿司」と同じ字だ。「ことぶき」という読み方は知らなかったようだ。
私が小学生の時にはどちらも読めなかったし、それが「同じ字だ」と認識もできなかったろう。
だから漢字がなかなか読めず、書けもしなかった。
そういう横のつながりがないと覚えられないし、さらに踏み込むと、
その漢字自体の意味がわかれば、完全に理解できる。
真子は英語も韓国語もそう言うとらえ方ができるから、すぐに話せたのだろう。
そう言う理解の仕方は教科を問わず重要で、数学でもそうだ。
対比の意味がよくわからない生徒は結構いる。
相似形では3:4=15:Xと書き、内側と外側をかけて、3X=60として解いた。
「倍率が同じ」と言う解き方なのだが、これは少し難しく、形だけになりやすい。
三平方の定理では別の考え方も導入する。
3;4って、要は「3つ分と4つ分」と言う意味で、1つ分の大きさは問わない。
今は3つ分が15㎝だから、そりゃあ1つ分は5㎝だろう。だから4つ分は20㎝だ。
ところが・・・それがよくわからない生徒もいる・・簡単だと思うんだけどねえ。
1つ分を求めずに、3:4の形でしか解けない。横のつながりがない。
私はそれを許さない。絶対にわからせないと気が済まない。
宿題で3:4:5と5:12:13を出しておいたから、今日は方眼紙でも用意しようか。
3つ分・4つ分・5つ分の線を引かせて、「5つ分が30㎝だったら?」
まるで小学生の授業だが、理解のためにはそれも必要。
やれやれ、受験へ向けて、大変ではある。

形を変えても

共通テストの記述化が論議の的になっている。
英語の民間委託が延期されても次々に出てくるようだ。
50万人も受ける試験に記述式は、まあ無理だわね。なぜこんな話になったんだろう。
数学で言えば「作る問題がなくなった」と言うのが本音だと思う。
40年ほど前に始まった共通一次試験はそもそも、教科書内容の
理解だけを求めるものだった。きちんと勉強してれば90点は当たり前。
それをいつからか「平均60点に」と言い出してからおかしくなっている。
本質的にあまり深い問題にもできず、作れる問題もなくなり、
今では「時間的に」60点しか取れない問題になってしまった。
もう何を問うているのかわかアなくなってるから、廃止すりゃいいのにね。
まあ、国も考えてはいるんだろうね。
「英語が話せない日本人」「理数化離れ」「国語力低下」
そう言うものを何とかしようとしてるんだろう。
けれどそれを改善したいなら、試験の形を変えても無理ですよ。
今の若者は英語を話せなくても不自由を感じてないし、
数学なんてわかるやつが誰もいないし、本を読まなくても携帯で事足りてるし。
本当にはアホな自分にどこかイライラしてるんだけど、
次々に面白そうな「新商品」を出して、考えさせなくしている。
同じように教育も「新商品を」と言うことだろうけど、
教育って急激な変化はできないような営みなんだ。
それを変えたいなら、世の空気を変えないと無理。
どうしても英語を話させたいなら中国みたいに
「英語がペラペラじゃないと、大学を受けることすらできない」とすればいい。
「君は尊重され、自由にやれ」なんて言いながら、
語学も数学もできるように・・・なんてのは、土台無理があるのだろう。

1年、2年も

本と私
フミが京教大付属高校の赤本を持ってきてくれたので、数学と国語をコピーした。
数学の問題を解いてみて、なにか対策が必要かを探るためだ。
問題のストックはあるが、もう古くなってしまっている。
外部からここを受験するのは康太と同級のユウカ以来だから、もう10年か。
5年分をコピーしたが、解くだけなら、ま、どうということはない。
面倒なのは中学生がその解答を見て、納得できるようにまとめなくてはならないことだ。
大学入試問題なら雑に解きまくっても平気だが、中学生にはそうはいかない。
昔は今ほど解けもしなかったから、そんな作業で中3・高3にかかりきりになり、
1年や2年はこの時期放ったらかしになったこともあった。
そこはキャリアを積んで解くのが速くなったし、受験の様子もわかるようになったから、
3年と同じように1年・2年の面倒も見られる。
中1はケンにはまだ時間がかかるけど、カナミはずいぶん賢くなってきた。
中2の3人はすでにかなり賢くなっている。
高1は高校の教科内容に度肝を抜かれていたが、ずいぶん落ち着いたし、
高2は別人なほど学びがわかってきた。
どれ、入院している竜二に、先週宿題に出して置いた国語と、
数学の文献をもって様子を見に行ってくることにしよう。

大けが

リュウジが足を骨折しちまった。
単純骨折ならすぐに治るが、骨がバラバラになる、粉砕骨折みたいなやつだ。
すぐに病院へ運ばれたが、バンバンに腫れており、すぐに手術はできないらしい。
腫れが引くまでなのか、何がどうなったらできるのかわからないが、
いつ手術できるかはわからないという。
そう言えば30年近く前のこの時期、浪人してたウネも
バイク事故で足をひどく骨折し、志望校を受けられなくなったっけ。
「この大事な時に」
私の怒りと絶望は本人よりもすさまじく、私が病院へ行ったそうだが、
私はそのことを覚えていないほどだ。
まったく・・・勉強できない奴ほど、他のことでも手を掛けさせやがる。
リュウジもさんざん手を掛けさせられて、ようやくましになったと思ったら、これだ。
まだ2年だからましだとはいえ、微分・積分の重要な時期。
やれやれ・・・週に一度くらい資料を病院へ持って行って、
「このアホ!これとこれを読んで、問題を解いとけ!」と言っておかないと。
散々手がかかるからか、「できの悪い奴ほどかわいい」と言うけれど、そうかね?
今はうんざりして憎たらしいだけだけど。
まあ、ウネは確かに可愛らしくなったから、リュウジとも付き合いを続けなくてはならない。

努力する才能

本の表紙
芸能界はそれほど興味もなく、よくわからないからどうしようかと思ったけど、
結局は見てしまった「プロフェッショナル」
小さいながら有能タレントも抱える、およそ社長には向かない女性社長。
「芸能界は好きでもないし、この仕事が自分に向いているとも思わない」
と自分でも言う。私でも顔のわかるタレントがゴロゴロるのに。
タレント志望者の面接の様子で、社長の見ているところがわかった。
「今は特に光るものがなくても、努力する才能があるかどうか・・・」
将棋の米長名人も弟子を取るときに同じようなことを言っていた。
「将棋で食っていけるかどうかは、今の才能ではなく、
 どれほど将棋が好きか、いつまで好きでいられるかが決定する」
そのプロダクションには15歳で入ってきて、30歳でようやく売れ始めた子もいる。
それを見守り続けるのが、その社長の仕事だという。
いいねえ、私の感覚によく似ている。
将棋も芸能界も、それまでに消えてゆく者も多いはずだ。
しかし努力する才能を磨き続ければ、大成せずとも、食っては行ける。
その信念で見守り続けなくては、その一人は出現しない。
「好きなこと」だけで、「最小努力、最大報酬」で人生は生き抜けない。
私だって社長と同じく、自分が教師に向いているとも思わないし、
特に好きな仕事でもない。それは誰もが同じだ。
それでも30数年、生徒の努力する才能を伸ばそうと、見続けてきた。
今日は定期検診。多少ガタが来た身体をチェックしてこよう。

OMソーラー

今朝もずいぶん冷えたが、教室に入るなり暖かな空気に包まれる。
備え付けのOMソーラーが効いているんだ。
ソーラーと言うと太陽光発電が有名だし人気もあるが、こちらは発電はしない。
だからか、素晴らしい装置なのに、今一つ広まらないようだ。
この装置は屋根で暖まった空気をファンで床下へ送り込むだけ。
冬場でもよく晴れると屋根裏の空気は60度以上になる。
それを床下に送り込んで、喚起しながら温めてくれる。
夏は夜中の冷えた空気で喚起するから、年中喚起することになる。
だからか教室は嫌なにおいなど全くなく、消臭剤の必要がない。
少し冷やしたり、温めるだけで、冷暖房費は半額になる。
発電するより経済的で、少なくとも人や家の健康に良い。
少し前まで室温設定を23度にしていたら、寒くなったので27度にした。
室温が27度になるまで温風を送り続けるのだが、26度くらいにしかならない。
それでも小学生なんかは「暑い、暑い」と上着を脱ぎだすほどだ。
教室は「OMソーラー仕様」で、分厚い断熱材で覆われ、
魔法瓶のようになっていて、暖かさはなかなか冷めない。
夜になると屋根の温度も下がり、ファンは止まるが、ここから本領発揮。
床下でたっぷり温められた基礎コンクリートはなかなか冷めず、
夜中でも教室を暖め続けてくれる。朝でも暖かいのはそのおかげだ。
建物に健康を害するものは一切使われていない。
自然な暖かさ、さわやかさの中で、生徒は懸命に学びへと没頭できる。
へぼ塾長の講義より、こっちの方がよほど生徒のためになっているかもしれない。
昨日も朝から高3の3人がやってきて、勉強したり、弁当を食べたり。
お湯も沸かせるし、電子レンジも使えるし、何だってできる。
コピー機で問題をコピーし、しっかり勉強している。
自宅の自分の部屋より居心ちがいいのだろう。
プロフィール

河原

Author:河原
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR